© LucyProject(ルーシープロジェクト)~良質な舞台と映像を求めて All rights reserved.

「熱海殺人事件」を解決して(舞台写真有り)~平本たかゆき



我々Lucy Projectは、基本的に小劇場演劇はしない。
まあ、小劇場的な要素が普通に舞台や映像作品に浸透している昨今、いまさら小劇場演劇とは何かといってもやるせないが、心情的表現や綿密なストーリー性を重視するというよりも、会話のリズムや間合い、舞台の奇抜さ、大胆な動き、ストーリー展開の意外性で観客を魅了しようとするスタイルといっていいだろう。
しかし、私は今回、その小劇場演劇の原点ともいうべきつかこうへいの「熱海殺人事件」を上演した。そのわけは、「熱海殺人事件」の戯曲をはじめて読んだとき、そのベースに流れる人間の悲しみを感じ取ったからである。
人間の世界にはつねに強者と弱者がおり、強者は自分の地位があびやかされることを恐れ、弱者は強者に嫉妬心を抱いている。そして、人は誤解と錯覚の中で交わりすれ違ってゆく。表面上はギャグ満載の破壊的な作品に見えるが、その底流にはしっかりとリアリズムが生きている。
したがって我々が上演した「熱海殺人事件」は、戯曲の<飾り>部分をそぎ落とす作業でもあった。といっても、熱海は熱海である。白鳥の湖、花束たたきは盛大にやらなければならない。そのあたりは大いに楽しんでやらせていただいた。


さて、「熱海殺人事件」を上演するにあたりもうひとつ考えたことがある。それは、この昭和50年代の作品を、今まさに終わりを告げようとしている平成を超えた次の時代に伝えたいということである。そのためには、次の時代の中で、この物語がどのように展開するかを表現することにした。
では、次の時代とはどういう世界かというと、おそらく「ダイバーシティ」がひろがった世界であるはずである。ダイバーシティとは「多様性」のことで、もともとは労働市場において個人が持つ違い(性別、人種、国籍、宗教、年齢、学歴、職歴など)を受け入れてそれを活用することを指しているのだが、いずれはこの考え方がひとつのイデオロギーとなりさらに広がりを持ってゆくだろう。ある意味、我々が目指すべき理想的な社会である。
女として生まれながら男として生きる熊田はその象徴的な存在であり、バックダンサーズが、手話を使った振り付けをしているのもそのためである。つまり、今回の舞台設定は現代としているのだが、実はもっと先の近未来を暗示したものだったのだ。

我々が描いたのは、そんな時代でも起きてしまう「悲劇」なのである。

微力ではあるが、「熱海殺人事件」という作品を次の時代に送る一助となったことを自負しながら今回は筆をおきたいと思う。
豪雨と地震の影響の残るなか、ご来場いただいた皆様には感謝、感謝である。

平本たかゆき

                        

関連記事

相川結インタビュー/TVCMで話題をさらった若き女優が語る現在、過去、未来

相川結(23)がサンミュージックから独立してはや3年以上が過ぎた。 あしなが育英会、サトウのご飯などのTVCMで茶の間の話題をさらった若き…

熱海殺人事件(作:つかこうへい)2018年7月7日~8日 於:船場サザンシアター

◇◇Lucy Project公演『熱海殺人事件』◇◇ 作:つかこうへい 演出:平本たかゆき ◇STORY 10年前、熱海の海…

20183/20

座九条閉館に寄せて

「三夜叉」「出口なし」「斜陽」「蜜のあわれ」とLucy Projectも4回の公演を実施した座九条が2018年3月18日、館主・林田鉄氏の”…

緊急公演情報!「停電の中のふたり」2018年3月18日in座九条最後の日

Lucy Projectもなんどか公演を行った座九条が、残念ながら2018年3月をもって閉館となりました。 もう座九条で公演することはない…

シリアスコメディ「命を弄ぶ男たち」公演を終えて~平本たかゆき氏インタビュー/ライター・すみれ蓮

大阪を代表する小劇場のひとつ、インデペンデントシアター1stで定期的に開催されている「火曜日のゲキジョウ30×30」。 この企画は、平日の…

ページ上部へ戻る