© LucyProject(ルーシープロジェクト)~良質な舞台と映像を求めて All rights reserved.

「蜜のあわれ」公演を終えて~平本たかゆき

平成29年7月1日、2日、Lucy Projectは、室生犀星原作の「蜜のあわれ」を舞台化した。
「蜜のあわれ」は、室生犀星が晩年、老いた自信をモデルにして書き上げた幻想的な小説である。
飼っている金魚がキュートな少女の姿で現れて、「おじさま」にじゃれつく様子は、男としての最後の☆願望☆だったのかもしれない。
まあ、そんな話はさておき、我々はこの小説を文芸ファンタジーとしてとらえ、はっきりしない原作の結末を改めて明確に表現することにした。つまり、「おじさま」と金魚の少女、「おじさま」と女の幽霊との関係に決着をつけさせたのである。
室生犀星が、続編を書こうと思っていたのかどうか、それは判らない。いくらでも続けられる結末ではあったが、まったく書かれないまま室生犀星は逝ってしまった。このままでは、あまりにも金魚の少女と幽霊の女が浮かばれない。
どのような結末になったか、それは舞台を見てくれた方々と我々だけの秘密としておこう。
ご来場いただいた皆様には、感謝感謝である。

関連記事

シリアスコメディ「命を弄ぶ男たち」公演を終えて~平本たかゆき氏インタビュー/ライター・すみれ蓮

大阪を代表する小劇場のひとつ、インデペンデントシアター1stで定期的に開催されている「火曜日のゲキジョウ30×30」。 この企画は、平日の…

「命を弄ぶ男たち」ご来場ありがとうございました!

LucyProject公演「命を弄ぶ男たち」 無事終了いたしました。 有難うございました。 ご来場頂いた皆様、感謝、感謝です!…

Lucy Project公演「命を弄ぶ男たち」~2017年9月12日(火)/火曜日のゲキジョウ30×30

Lucy Projectがお届けする岸田國士原作のシリアスコメディ! *今回は他団体との共同公演です。他団体のお芝居もご覧いた…

シリアスコメディを語る

シリアスとコメディ。 この相反する概念を合わせた言葉が「シリアスコメディ」。 あちらこちらで使われている言葉かと思っていたが、どうや…

20177/5

「蜜のあわれ」メインテーマ曲の原曲・期間限定公開

さて、今回はひさびさに劇中の音楽をすべて書きおろした。ただ、劇中の音楽は時間の都合上、泣く泣く曲の一部をカットすることも少なくない。 そこ…

ページ上部へ戻る